ふと思った

東方LALの鈴仙が完全にクールキャラだ。

もともと伍長系キャラを鈴仙にしたから軍人気質になったんだけど
俺の中でそれが完全に定着してしまったのさ。
自分で書いた秘宝編のシナリオ見てるとまじ鈴仙さんかっけーみたいな感じになる。

もううどんげとは呼ばせない。


他にも結構秘宝編でのキャラ口調とか原作やら二次やらと違う部分が多々あるんだよね。
せっかくだし主要メンバーのサンプル台詞でものせてみるか。
今日はヤマメの章と静葉の章のキャラ

P.S.メダロットDS買いました

りどもあから

ヤマメ
「自分を蔑む暇があったら、今何ができるかを考えろって言ったの、おじさんじゃないか。」

「ううん。でも、私は土蜘蛛の子よ。妖怪よ。
みんな毒があるって近寄らないの。嫌うの。怖がるの。
おじさんも心の奥では私を怖がってるんじゃないかって思うの。」

「レミリアさんって、子供なのに大変だね。」

「早苗さんを助けるためだよ、イヤでも我慢しなくちゃ。」



コァ
「水晶には魔力を増幅させる効果があるの。
魔法に関する何かをするにはもってこいの環境ね。」

「ふふふ、まあよくあることよ。気を落とさないで。」

「ね、下見て。溶岩が流れているわ。」



早苗
「それがですね、我が守谷神社の名をかたり
悪行している教団があると聞いて、
その不届きものを成敗しようと山を下りたら
急に意識が薄れて気がついたらここに…。」

「私も行かせてください。
同じ目的を持ったもの同士、一緒の方がいいと思います。」

「ええ、このまま放っておけば何かよくないことが起こりそうです。」



グリフレット
「バカいえ。そんなのがあろうがなかろうがこの世の中にクズなンていないンだぜ。
自分を蔑む暇があったら、今何ができるかを考えやがれってんだ。」

「いいか。人間とか妖怪とかいう境は本当は無いンだ。
そりゃあ妖怪といわれてるやつは姿が違ったり、
へンちくりンな能力を持っていたりもするがな。
人間でも一人一人顔は違うし、得意なことも違う。
だけど心は同じなンだ。みンな仲間なンだ。
適当に理由を付けて区別しようとするやつはな、
自分より下の存在がいるということにすることで自分は優れていると思いこむバカ野郎だ。
俺からしてみればあンたはそこいらを走りまわっとるガキどもと同じさ。
もうちょっと自分に自信を持ちな。自分が何者であろうが、自分は自分。この世にただ一つだけの存在だ。」

「俺たちをお前等と一緒にするンじゃねえ!
もう頭にきた。行くぞ!」




静葉
「穣子、人間を見なさい
人間は妖怪には力では及ばないけれど必死に生きているじゃない
力があるかどうかよりも、行動することが大事なのよ」

「えって驚かれても
見ての通り信仰の足りない貧乏な底辺神だから…
生憎そんなお金は持っていないの」

「どのみちヒントを得るためには
里長に接触する必要があるでしょ?
だったら人助けしながらの方がいいじゃないの」

「そうね、今私たちにできることをやりましょう!」



鈴仙
「で、何の用かしら?
薬でもご所望ってわけじゃなさそうだけど」

「見て、この湖の水
ほら、こんなにドロドロ…
見たところここが一番水質汚染が進んでるわね
でも近くに汚染の原因となるものが見あたらないわね…」

「この部屋のお宝は捕虜3名よ
残念だったわね」




「私も戦えるよ!ひとりぼっちなんて嫌!」

「はいお姉ちゃん、大気を浄化したディングだよ」

「紫しゃま言ってた
最近は綺麗な景色が見られなくなったって
橙もお掃除手伝うよ!橙も綺麗な景色見たいもん!」



ネック
「ん、オイラかい?
オイラはネック。
トレジャーハンターさ!
お宝を求めてオスティウムに行こうとと
土を掘ってきたらここに出てきちゃったんだ…」

「よし、牢の鍵を開けたよ
レッツゴーゴー!」

「トップっていうのは
いつも自分のことだけ考えているからな」

「ねえ、僕もお姉ちゃんたちの旅に連れていってよ
お礼をしたいんだ」



以下コメント返信

>>シタッパー28号さん
実は彼のST高すぎるせいで裏ボスが雑魚に…

>>LAL未経験者さん
コンゴトモ ヨロシク

Post a comment

Private comment

首謀者

コーキー

Author:コーキー
ツクール歴約6年くらい
思えば遠くまで来たものだ
C#は二年くらいだけどね





アドレス
mahodenn◎
yahoo.co.jp
(◎を@に
変えてください)

最新記事
最新意見
最新荷車前
月間履歴
種類別
記事検索
移動装置
コミュニティ
ツイッター